簡単ニキビ予防!自宅で出来るニキビケア

スポンサーリンク

正しいクレンジング・洗顔方法

ニキビは毎日の自宅ケアでの対処で改善させていくことができます。

*正しいクレンジング・洗顔方法
クレンジングと洗顔はニキビケアの基本です。 毛穴から分泌される皮脂をしっかり洗い流したくなるところですが、マメにごしごしと洗ってしまうのは逆効果です。このように洗うと肌を傷つけたり、余計な皮脂の分泌を促してしまう可能性があります。 洗う回数は一日・朝と夕方の2回の洗顔で十分です。皮脂や汚れを丁寧に落とすように心掛けましょう。

クレンジング・洗顔のポイントは次のようなことになります。
1.肌を傷めないように、ぬるめのお湯を使います。
2.メイク汚れは油性メイク落とし、クレンジング剤で落とします。
3洗顔する時はキメの細かい泡を作るためにスポンジや泡立てネットを使いましょう。
顔を洗う時はゆっくり優しく、円を描くように指を使って余分な皮脂を取り除きます。
4.すすぎは洗面器などに溜めたお湯ではなく、きれいなお湯で丁寧に洗い流します。
5.タオルで拭く時はこすらないように、タオルで押さえるようにして優しく拭きます。

まず、クレンジングはメイクをした日には必ず行いましょう。
メイク用品には脂が含まれているので、普通の洗顔だけでは落としきれません。「洗顔剤やボディソープで落とせます」と広告されている商品でも、クレンジング(油性ジェルタイプがおすすめ)で優しく落とすことであまり肌に負担をかけずに済みます。 アイメイク用品に多いウォータープルーフの製品を使っている場合は、普通にクレンジングしているだけでは落ちにくい製品が多いです。部分用メイク落としをコットンに染み込ませて、優しくしっかり落としましょう。 メイクをした後はダブルクレンジング(クレンジング1回、洗顔1回)をしましょう。

次は洗顔についてです。 洗顔をするときに大事なのは「キメ細やかな泡」です。 キメの細かい泡ほど肌に当たる表面積が広くなるので、皮脂や汚れをより多く吸着できます。またキメの細かい泡は弾力があってつぶれにくいので、手が肌に触れることなくしっかりと洗うことができます。 皮脂が多い人・油肌の人は泥や炭入りの洗顔剤を選ぶと、皮脂や汚れをしっかり落とす効果が期待できます。
逆に乾燥肌の人は泥や炭入りの洗顔剤を使うと、余計に肌が乾燥してしまうので避けた方が無難です。肌の保護成分や保湿成分が多く含まれている洗顔剤を使用してください。

スポンサーリンク

ピーリング・パックについて

ニキビの原因になる古い角質や汚れをとる方法として、ピーリングやパックを行うことも有効です。

ピーリングを行う場合、注意点がいくつかあります。 まずピーリング治療とは本来、医療機関やエステサロンなどで行うのが基本の考え方です。 肌トラブルの元にならないように、より正しく行う必要があります。 また自宅で使うピーリング剤を選ぶ際、ジェルが固まって角質を落とすタイプの製品は避けてください。このタイプは手で擦って固まったジェルを落とす必要があるため、肌が傷ついてしまう可能性があります。

ピーリング剤はAHA(グリコール酸)や酵素が含まれている物を選ぶと効果的です。 この2つの成分は、皮膚の一番上にある角質層を柔らかくする効果があり、毛穴に皮脂がつまるのを予防することができます。 ですがその反面、いきなり濃度が濃い物を使ってしまうと肌が耐えきれずにニキビや肌荒れが悪化してしまう原因にもなります。 AHA入りのピーリング剤を選ぶ時は酸の濃度が明確に表示されている物や、酸の濃度に種類がある物を選びましょう。正しいピーリングを行えば肌のターンオーバーが促進されるため、皮膚科やエステサロンに通わなくてもニキビができにくい肌に近づくことができます。

パックに関しては効果はひとそれぞれですが、色々な方法・アレンジがあります。市販のパックを使用する際は皮脂や汚れを取り除いてくれる、クレイ(泥)タイプのパックが効果的です。使用した後は洗顔をして、しっかりと洗い流してください。 (保湿系のパックは油分が含まれているので、使用しないでください。またピールオフパックは汚れがよくとれますが、パックをはがす時の素肌への刺激が強いのでニキビがある人には不向きです。) 自宅で食材を使ってパックを作る際は、材料はできるだけ新鮮な物を使用して1回で使い切りましょう。時間が経つと材料が酸化したり雑菌が繁殖してしまうため、肌への負担が大きくなってしまいます。 また、ベースは「小麦粉」ではなく「水切りしたヨーグルト」を使うと効果が高まりやすく、小麦アレルギーへのリスクを減らすことができます。
その他には、食材を潰して絞ったエキスをコットンなどに染み込ませてパックする方法もあります。

スポンサーリンク

化粧水の選び方・使い方について

ニキビ治療に毎日のスキンケアは欠かせません。とはいえ一言で化粧水と言っても種類が多く、自分の肌に合った化粧水を選ぶのは中々難しいと思う方もいるかもしれません。

化粧水の主な役割は「肌が乾燥するのを防ぐこと」と「水分・栄養補給」です。水分と栄養分を補給することによって柔軟な肌を作られ、肌が潤うことによって肌のキメが整います。(肌のキメが荒くなると毛穴トラブルが起こりやすくなります。)また、肌に水分を与え乾燥させないことで肌のターンオーバーが乱れることを防ぐことができます。

このように化粧水はニキビの予防だけではなく、美しい肌を作りだすために重要な役割を果たします。自分に合った化粧水を探すにはまず、ニキビに効果がある成分を知る必要があります。主に「ニキビ肌用」化粧水に含まれている成分には、次のようなものがあります。

・ビタミンC誘導体ビタミンCの吸収率が高く、肌の奥まで成分が浸透します。ビタミンCには皮脂分泌の抑制や毛穴の引きしめ、活性酵素を抑制する働きがあります。

・グリチルリチン酸ジカリウムマメ科の甘草(カンゾウ)という植物の根から抽出され、抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。

・サリチル酸古い角質を軟らかくして取り除く働きがあり、毛穴のつまりを防ぐ効果があります。安全性が高く、殺菌作用や抗炎症作用があります。

・レチノール(パルチミン酸レチノール、酢酸レチノール)角質をはがれやすくし肌のターンオーバーを正常化する作用と、皮脂分泌を抑制する効果があります。(他にも肌の中でコラーゲンを作り出す効果がありますが、ニキビには関係ないので省略します。)

・イオウアクネ菌を殺す効果と抗炎症作用、古い角質を軟らかくして除去する働きがあります。成分によってそれぞれにニキビへの効果があり、化粧水には組み合わせて含まれていることが多いです。同じ「ニキビ肌用」化粧水でも商品によって含まれている成分は異なるので、確認しながら選ぶようにしましょう。

次は化粧水の使い方について紹介します。化粧水を肌につける方法によって、水分の補給率や肌への負担に違いがあります。

化粧水の使い方としては

・「手でつける」
・「コットンで叩き込む」
・「マスクパックを使う」
・「化粧水用スチーマーを使う」

といった方法があります。まずは「手でつける」方法。化粧水のムダはありませんが、肌に水分を補給する効果は一番低いです。効果を高める為には手で化粧水を押し込むように、顔を包み込むように肌に染み込ませましょう。次は「コットンで叩き込む」方法。

肌に水分補給する効果は高いですが、コットンに残る化粧水はムダになりますし肌を傷つける可能性があります。肌を守るためにコットンは繊維の細かい物を使い、肌をこすらないようにしましょう。

次は「マスクパックを使う」方法。肌への水分補給の効果は高く肌は傷つきませんが、マスクに残る化粧水はムダになります。また時間をかけすぎると化粧水が蒸発して、肌の水分がマスクに吸い取られてしまいます。肌の乾燥を防ぐため、マスクを顔に乗せる時間は3分くらいまでにしましょう。

最後は「化粧水用スチーマーを使う」方法。化粧水や水を美容専用スチーマーにセットして、肌に水分を補給する方法です。細分化された化粧水の成分や水分を効率よく補給でき、ナイトモードがある機種なら夜寝ている間でも使用できます。とはいえ、まだ高価な印象があるのも確かです。

最近では機種によって値段も機能も様々ありますが、偽物が出回っている商品もあるのでネット購入の時は注意が必要です。手軽にできるのは「手でつける」のと「コットンで叩き込む」方法だと思います。さほど時間もかからず簡単にできるからこそ、しっかりと水分を補給できるように丁寧に行いましょう。

「化粧水用スチーマー」は価格のこともあり、少し敷居が高いように感じるかもしれません。その代わり水分を補給する効果は高く、携帯型を使えば外出先で肌の乾燥を感じた時にすぐに使うことができます。毎日の大事なお手入れですので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

自宅で出来るニキビケアと各種美容方法の組み合わせ

ニキビケアを意識的に行っている方はダイエットを、もし気になる部分がなくても運動を進んで行うことで身体もしなやかに引き締まり、ニキビ予防にも効果を発揮します。ニキビ治療においては様々な医薬品が販売されていますが、医薬品で治療して安心していると肌に薬をつけてないと不安になったり、肌荒れの根本的な原因に迫れない面があります。ニキビケアはダイエット習慣化と組み合わせることで、健康的に、かつ美容にも非常に良いという効率的な取り組みになります。まずは簡単なダイエット方法を把握して、ご自身にマッチするダイエットを見つけることからはじめみましょう。

ニキビケアとダイエットは良い組み合わせと書きましたが、簡単なダイエット運動のほか食事による短期ダイエット方法も豊富に存在します。短期ダイエットと聞くとハードな運動を思い浮かべてしますが、高め負荷でも一日に何回かに分けて実践したり、マッサージからはじめてむくみを取ることからはじめるだけでも効果的です。また、最近流行っている食事の置き換えダイエットも栄養素に注意を払えば有効な手法でしょう。プチ断食などを散発的に行うと栄養素不足による肌荒れやニキビ発生の引き金にもなりかねないのであまりおすすめしません。

歌手などが何時間ものぶっ続けライブを強行する際にサプリメントだけで食事を済ませるようなハードスケジュールを垣間見ることがありますが、イベント期間中だけのがんばりであればなんとかなるかもしれません。しかし、オフは疲労回復なり体力をつけるなり、栄養にも気を遣っています。でなければ、ライブで何時間もダンスしながら歌い続けるのは不可能です。一般人が少しダンスのまねごとするだけで汗だくになるのに、それを長時間・歌いあり・笑顔で居続ける、というのは並大抵の体力と精神力ではないことでしょう。なので、「あの歌手もサプリメントでライブやり過ごしている」という部分だけを見るだけでなく、それを実践できるバックボーンを注目する必要があります。特にダイエット期間中は食生活の対策も大きな課題となり、とりわけ美容面でも大きな影響あたえる蛋白質は重要なポイントとなります。魚肉系の蛋白質は体質の改善に、大豆蛋白質はイソフラボン系の補給にも注目されていますし、さらにこれらは身体の免疫を高める食材の一つで、日々の運動による負荷を支えてくれます

生活習慣の見直してニキビケア

一言で「生活習慣」と言ってもその内容は多岐に渡りますから、全てを変えるのは難しいでしょう。ニキビの原因になる生活習慣は主に「食事」・「睡眠」・「運動不足」・「姿勢」です。(「食事」と「睡眠」に関しては“主な原因”と“ニキビの再発防止法”の部分にも書いてありますので、ここでは省略させていただきます。)

一見「運動不足」はニキビに関係ないように思われるかもしれませんが、実は密接な関係があります。

1つは「血流」です。血流はとても大切で、余分な成分を体外に排出したり、肌に必要な栄養素を循環してくれています。こういった肌内部の働きは肌だけでなく体の組織や内臓にとっても、とても重要になります。

もう1つは「自律神経」です。体の中に張り巡らされている神経・臓器は、「交感神経」と「副交換神経」によって制御されています。

この2つのバランスが乱れると、ニキビだけでなく様々な体調不良が起きてしまいます。「交感神経」と「副交感神経」の働きを整える一つの手段としては、大きな呼吸をすることというのがあります。

運動をすると、人は自然に大きな呼吸をします。その呼吸によって神経が正常に働き、人間の体の各器官までの働きを整えてくれます。また運動により体が温まると筋肉の緊張がほぐれ、睡眠時やリラックスした時と同様に副交感神経が働きます。

そうすることで脳の活性化や、心と体の疲労のバランスをとり質の良い睡眠へと結びつくと思われます。ストレッチやウォーキングといった軽い運動でも効果はあるので、毎日1時間は運動するように心がけましょう。

ニキビには「姿勢」も密接に関係しています。“場所別にみた原因”で書いた通り、内臓の不調がニキビの原因になっている場合があります。猫背などで姿勢が悪いとだらしなく見えるだけでなく、血流が悪くなったり内臓が圧迫されてしまいます。

それにより胃下垂や内臓機能障害、血行障害による内臓疾患の恐れも出てきます。また、内臓が圧迫され続けると慢性的な便秘に陥りやすくなります。便秘になると悪玉菌が便の中に増え「インドール」や「スカトール」といったオナラの原因になる毒素(腐敗臭)を発生させます。

この毒素が腸から血液に吸収され、体が血液から排出しようとすることでニキビになってしまうのです。普段机に向かう機会が多い学生や、デスクワークなどの仕事が多い人は慢性的に姿勢が悪くなる傾向があります。日頃から「背筋を伸ばす」「肩を丸めない」など、よい姿勢を意識して保つことが大切です。

ハーブを使ったケア

ここで紹介するハーブは、昔から植物としてある一般的なハーブです。ニキビに効果があると言われているハーブは「ノコギリヤシ」、「チェストツリー」、「ハトムギ」、「ローズヒップ」などがあります。この3つのハーブは、ハーブティなどにして体内に摂取することで効果を発揮します。

・ノコギリヤシ男性ホルモンが作られるのを抑制し、皮脂の分泌量が増えるのを抑える効果があります。アメリカでは滋養強壮に効くとされ、ヨーロッパでは前立腺肥大症の治療に使われることもあります。

・チェストツリーホルモンバランスの調整力に優れ、女性ホルモンなどのバランスを整える効果があります。また肌が荒れやすい生理前に使用することで、よりニキビ予防に効果的です。

・ハトムギ肌の新陳代謝を高めたり、アレルギーや炎症を抑える効果があります。漢方薬にも使用されるなど、効果の高いハーブです。

・ローズヒップホルモンバランスを整える効果があります。また、ビタミンCの含有量が多いので美肌効果も期待できます。

ハーブティの作り方は、好きな量のハーブをカップやティポットに入れて、熱湯を注ぎ入れて3分くらい待ちましょう。(カップの場合、ハーブの量は全部でティスプーン1杯~2杯が適量です。)麺棒や電動ミルがある場合はハーブを少し砕いてから使用すると、香りと効果がアップします。

ハーブティを飲むタイミングとしては、特に夜がおすすめです。夜は栄養吸収率が高く、トイレに行かない分ハーブの成分も長く体内に残りやすいので効率よく吸収されます。また、ハーブの成分による肌の新陳代謝も期待できます。